地域密着型サービス外部評価

  • HOME
  • 地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価

当法人は2010年より宮城県から選定され地域密着型サービス外部評価機関として、介護サービスに関する情報を必要とされる皆様(利用者・ご家族など)や、事業所のサービスの質の維持・向上及び改善に向けた取組みを支援するため公平・中立な立場で評価調査を行っています。

地域密着型サービス外部評価とは

認知症対応型共同生活介護事業所を対象に、その提供するサービスについて、自己評価(自らの振り返り)と外部評価(第三者による訪問調査及び事業所との意見交換)により、サービスの質の向上に繋がる改善点を事業者自らが明確にする「気づき」の機会とするものです。
また、外部評価の結果を公表することにより、利用者及びその家族に介護サービスに関する情報を提供し、安全と満足を高め、これからサービスを利用するための選択に役立てるものです。

*令和3年指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部が改正され、各事業所は地域密着型サービス外部評価又は運営推進会議における評価のいずれかを選択して受審することになりました。

地域密着型サービス外部評価を受審することにより期待される効果〈メリット〉

  1. 現在提供しているサービスについて、優れている点や課題が明らかになります。
  2. サービスの質の向上に向けて、具体的な目標を設定することができます。
  3. 評価結果を広く公表することにより、利用者や家族、地域からの信頼が得られます。

対象サービス 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
対象区域   宮城県全域

介護・福祉ネットみやぎは 常時、外部評価の受審を受けつけております。

  • 要介護者と介護者の人権擁護(尊重)、地域住民の福祉向上に資するよう公正・中立な立場できめ細かな評価を目指しています。
  • 評価結果は、誰もが見やすく・わかりやすい言葉で提供します。事業所ならではの特徴を捉え、詳細な情報提供として配慮しています。
  • 評価調査員は充実した研修を受講しています。(例 介護保険制度・認知症・身体拘束と虐待・感染症対策・BCP・処遇改善加算など)

調査員は宮城県が実施する養成研修を終了し、宮城県に登録されています。また、当法人が主催する各研修を受講し、制度や調査の手法などに関する専門的な知識を身に付けた人です。
調査員は事業所を訪問して帳票類や記録の内容などを見せてもらうため、企業秘密や個人情報にも触れることになります。そのため「秘密の保持義務」が課せられます。これに違反した場合は、地方公務員と同様の罰則が適用されます。

外部評価審査委員会

評価事業の運営の適正化を図ることを役割とし、評価報告書につき、専門的な観点から審査を行う必要があると判断される場合等に意見を聞いています。
審査委員会は、認知症介護に関する学識経験者、地域密着型サービスの事業者、認知症高齢者の家族の代表者の外部委員3人と、内部委員1人の計4人で構成されています。

外部評価委員会

調査員が作成する評価報告書を承認し、評価機関として評価結果を決定します。評価委員会は、地域密着型外部評価の知見を有する5人で構成されています。

  • 地域密着型サービス外部評価の業務実施要領
    各委員名簿
    ・外部評価審査委員
    ・外部評価委員
    Download
  • 地域密着型サービス外部評価の概要
    手順と流れ Download
  • 評価手数料 ※2022年度より評価手数料の改定を行い引き下げました。
    Download
  • 受審申込書 ※受審申込みは随時受け付けております。
    Download
  • 自己評価表 ※2022年度より自己評価表を見やすくリニューアルしました。
    Download
  • 目標達成計画 Download
  • 利用者家族等
    アンケート集計結果
    グループホーム
    ・~2022年度
    Download
  • 利用者家族等
    アンケート集計結果
    小規模多機能型
    ・~2014年度
    Download

地域密着型サービス外部評価の概要

地域密着型サービス外部評価の概要